投稿

クリニックで働く医師

当院でご勤務いただいている医師のインタビューです。

「オンライン診療だからできる、精神医療における新しい仕組みの可能性」女性医師が語る、ウィーミートで働く魅力<精神科・須河めぐみ先生>

「オンライン診療だからできる、精神医療における新しい仕組みの可能性」女性医師が語る、ウィーミートで働く魅力<精神科・須河めぐみ先生>



須河 めぐみ先生

札幌医科大学医学部医学科卒業後、精神科医として札幌医科大学附属病院や釧路赤十字病院などにて勤務し、精神保健指定医を取得。2024年2月からウィーミートでの常勤医師として勤務を開始。現在は週4日、オンライン診療にて勤務。

なぜ精神科の医師になろうと思われたのでしょうか?

なんだか恥ずかしいですね(笑)就職氷河期世代で大学卒業をしても就職できないと言われていたので、確実性の高い資格職を考えました。もともと心理学や精神医学に興味があって、学生時代から勉強をしていたのもあって、学びやすかったのもきっかけです。医師になってからは札幌医科大学に長く所属していたのですが、夫の勤務の都合で少し日本を離れ、その後東京に戻ってきてからは都心部の病院で勤務していました。

数々のクリニックを経験されてきたのですね。そんな中、ウィーミートで働くことになったきっかけは?

求人サイトで見つけたのがきっかけです。週4で働きたいなと思っていて、他のクリニックもいくつかあったのですが、対面診療は通勤が少し大変なのと、今在宅ワークの人がすごく多いので、こちらの方が時間も取れるし働きやすいのではと思いました。精神科であればオンライン診療における患者さんのデメリットもほとんどなく、医師にも患者さんにとってもポジティブなことだと思い、ウィーミートで働くことに決めました。

実際に働かれてみて、対面診療とオンライン診療とで、何か違いなどは感じましたか?

以前は都心部の病院で勤務していたのですが、患者層はかなり近いと感じました。どちらも、20-30代がメインで、発達障害や適応障害などで受診される方が多かったです。オンライン診療では、ビデオ会議システムが使えたりオンライン決済ができたりなど、オンラインの仕組みをスムーズに理解してくれる方が多いと思います。ただ、疾患の違いはあまり感じませんでしたね。



オンライン診療における不安や難しさはなかったでしょうか?

みなさん利便性を一番に考えて受診されていると思うので、お待たせしたり、締まりのない診療になってしまうとニーズを満たせないなと感じていたので、時間制限の中でうまくできるのかなという心配はありましたね。

実際に働いてみてからは、オンラインだから難しくて、対面だったら簡単ということは別にないと思いました。ただし症状としてどうしてもオンラインで対応するのが難しいケースがあるので、そういった場合は「対面の診療という選択技もありますよ」と提示させていただきます。無責任になってもいけないですし、リスクがある方を診るのも適切ではないので、匙加減というか線引きが難しいです。

ただ、医療秘書がいて患者さんと1対1ではないのと、患者の方も自宅からなので心理的な余裕が生まれるからか、診察でのやりとりが感情的にならずに安定する傾向が強いと感じました。。ウィーミートは医療秘書が必ず陪席してくれて、カルテもしっかりとってくれるので、医療秘書の存在は、心理的にも作業的にもものすごく重要に感じています。



ウィーミートで働く魅力はどんなところですか?

オンライン診療という仕組み自体が、精神医療において今までできなかったことを実現させていると思います。

例えば内科だと検査結果を用いて、肝機能が良くなった、血糖が安定した、と外から見ても効果が見えやすいですが、精神科は効果が見えにくいです。本人が良いと言っていても、実際状況は何も変わっていなかったり、ただお薬が欲しいから通っていたり・・・。医師と患者の1対1の関係で、適切に効果判定がなされないまま治療が密室化してしまうリスクもあります。

オンライン診療ではガイドライン上での処方制限もありますし、上限を超えた量の処方や、むやみに多剤併用することはありません。いろんな地域の患者さんが利用していますが、オンライン診療で全国に均一にスタンダードな医療として、誰からもアクセスできる位置に標準治療のあり方として広まっていけば、精神医療の質の底上げに貢献できるんじゃないかなと思っています。

あとは、オンラインと対面での仕組み的な違いもあり、診療時間が細かく決まっているためにカウンセリングのような形で医師が長時間をかけた心理治療をしていくことは不可能です。どちらが良いとか悪いとかではないですが、メリットもあると思っています。たとえば整形外科では、診断と治療方針の決定を医師が行い、実際のリハビリを理学療法士が行うといった分業で患者さんをサポートしていると思います。精神科でも診断や方針の決定、薬物治療は医師が、心理カウンセリングはカウンセラーが、と分けることにより、治療の透明化や質の維持に繋がっていく利点があると思っています。

精神科には非常にいい仕組みというか、今まで作ろうと思ってもできなかったことがオンラインだからできているというのもあると思います。

現在、ウィーミートでどのような働き方をしていますか?

この1ヶ月間、すごく快適に仕事させていただきました。家に重たい病気の猫がいるのですが、在宅なのでケアに関しては心強いです。通勤もないですし、家にいてリラックスした状態で仕事ができるので、こちらの心理的な余裕もやっぱり大きいかなと思います。疲れて、緊張した状態ではなく、自分のエリアでお話を伺えるので対処しやすいです。

ウィーミートでの勤務を検討されている医師の方に一言お願いします。

家庭をお持ちでしたり、お家にいる時間が長い方が良いという方にはすごく合っていると思います。システムをきちっと構築してくださっていて、診療上でも相談したいことをすぐに相談できる体制をとっていただいていますし、医師間の患者さんの引き継ぎで困ることもないです。

標準治療で基本を大事にしたい人だと良いのかなと思っています。



ウィーミートでのご勤務をご検討の方はこちら